Zbrushのツール操作プラグイン「YT Tool Helper」(ツールクリーナーなど)

Zbrushのツール操作プラグイン「YT Tool Helper」(ツールクリーナーなど)

  • Digital
    Zbrushのツールクリーナー(旧:Zbrushのツールを綺麗に片付けるプラグイン)
    450 JPY
  • Digital
    投げ銭受付
    100 JPY

全プラグインの最新の更新情報ページはこちら https://www.yamato-tsukasa.com/entry/2019/06/23/225221 This is also published on Gumroad. https://gumroad.com/l/kWmFc 使い方動画はこちら。 https://youtu.be/3sFw2-RiNC4 (2020/07/04 追記) 2020/07/04 Zbrushのツールを綺麗に片付けるプラグイン Ver.1.1.0 公開。GoBアドオンに対応。GoB利用時にツールNo.47になる場合にも正しく表示されます。GoB転送後にツールを削除するとクリーンアップ後でも必ず表示されていたPolyMesh3Dを非表示化。ツールのバッチ削除時に最終確認のためのポップアップを実装。 Zbrushのサブツール操作プラグインの姉妹プラグインとして、今度はツールそのもの操作するプラグインを作ることにしました。 (サブツールのプラグインは https://yamato-tsukasa.booth.pm/items/1230253 ) こちらも基本的にワンクリックシリーズです。 *** Zbrushのツールクリーナー(旧:Zbrushのツールを綺麗に片付けるプラグイン) *** Zbrushではポリメッシュ3Dテンプレートの使用、サブツールの結合、外部からのインポート、トランスポーズマスターや各種プラグインを使用すると、ツールがどんどん増える。だが並べ替えができない。 結果、どこに何があるのか分からなくなる。さっきまで作業していたツールはどこ? 「多分これだな!」と選んだツールは、実は「さっき作った古いバックアップ用ツールだった」ことに1時間後に気付いて作業が全滅する。 もう嫌だ! ということでツールを常に綺麗に保つためのプラグインを開発しました。とってもスッキリです。表示・非表示の制御だけでなく実際にツールそのものを自動で巡回しながら削除する機能も実装。毎回プチプチとクリックしなくてもいいのです。 詳細な使い方はこちら。 https://www.yamato-tsukasa.com/entry/2019/10/06/013053 Zbrush2020.1.1動作確認済み。 (2020/06/17 追記) GoBアドオンを利用してメッシュをBlenderからZbrushに移動させるとNo.48未満のツール番号にインポートされますが、これはGoB(正確にはGoZツール)のバグです。これはZbrushをユーザーが操作した場合には起こりえない事象であり、通常、ユーザーデータはツールNo.48以降になるようになっています。当ツールはユーザーデータであるNo.48から並べ直すように設計されているため、もしそのようなイレギュラーなツールを表示させるためには「ActiveToTop」ボタンをご活用下さい。(あるいは名前を付けて保存後にZbrushを再起動することでユーザーデータは正しくNo.48以降のナンバーが再割り当てされます。) なおGoBをアシストする「GoBアシストツール」を利用すればその問題は発生しませんので、GoBアシストツールの利用をお勧めしています。 https://yamato-tsukasa.booth.pm/items/2078171 開発環境:Zbrush 2019.1.2→2020.1.1、Windows10 Pro (Mac版Zbrushでも正常動作することがユーザー様からのご報告で確認済みです。) アップデートはZbrush2020以降にて行います。それ以前のバージョンでの動作は検証していません。Zbrush20191.2以降にアップデートしてお使い下さい。 ******************************************************************************* バージョンアップ版はBOOTHの購入済みページより無料でDL可能です。例えばVer.1 系の最新のアップデートファイルは購入済みページから無料でDLできます。大幅な機能変更があった場合には別の扱いで公開します。 シンプルな機能をシンプルな使い心地で強力に使う。シンプルな機能に絞って小さな寄付金額でのご提供。シンプルなので頻繁なアップデートは基本的にしません。作者が気に入った機能を入れたときくらいです。

About shipping
Shipped from warehouse

These products are shipped from BOOTH warehouse as soon as payment is confirmed.

Shipped from home

These products are packed and shipped from the seller. "Ships within ~ days" are the estimated number of days from when payment is confirmed at BOOTH until the item is shipped.
Items shipped by Anshin-BOOTH-Pack will be delivered anonymously.

Download item

You will be able to download these products from "Purchase History" at any time after payment is confirmed.

Shipped from pixivFACTORY

These products are manufactured and shipped by pixivFACTORY as soon as payment is confirmed.

全プラグインの最新の更新情報ページはこちら https://www.yamato-tsukasa.com/entry/2019/06/23/225221 This is also published on Gumroad. https://gumroad.com/l/kWmFc 使い方動画はこちら。 https://youtu.be/3sFw2-RiNC4 (2020/07/04 追記) 2020/07/04 Zbrushのツールを綺麗に片付けるプラグイン Ver.1.1.0 公開。GoBアドオンに対応。GoB利用時にツールNo.47になる場合にも正しく表示されます。GoB転送後にツールを削除するとクリーンアップ後でも必ず表示されていたPolyMesh3Dを非表示化。ツールのバッチ削除時に最終確認のためのポップアップを実装。 Zbrushのサブツール操作プラグインの姉妹プラグインとして、今度はツールそのもの操作するプラグインを作ることにしました。 (サブツールのプラグインは https://yamato-tsukasa.booth.pm/items/1230253 ) こちらも基本的にワンクリックシリーズです。 *** Zbrushのツールクリーナー(旧:Zbrushのツールを綺麗に片付けるプラグイン) *** Zbrushではポリメッシュ3Dテンプレートの使用、サブツールの結合、外部からのインポート、トランスポーズマスターや各種プラグインを使用すると、ツールがどんどん増える。だが並べ替えができない。 結果、どこに何があるのか分からなくなる。さっきまで作業していたツールはどこ? 「多分これだな!」と選んだツールは、実は「さっき作った古いバックアップ用ツールだった」ことに1時間後に気付いて作業が全滅する。 もう嫌だ! ということでツールを常に綺麗に保つためのプラグインを開発しました。とってもスッキリです。表示・非表示の制御だけでなく実際にツールそのものを自動で巡回しながら削除する機能も実装。毎回プチプチとクリックしなくてもいいのです。 詳細な使い方はこちら。 https://www.yamato-tsukasa.com/entry/2019/10/06/013053 Zbrush2020.1.1動作確認済み。 (2020/06/17 追記) GoBアドオンを利用してメッシュをBlenderからZbrushに移動させるとNo.48未満のツール番号にインポートされますが、これはGoB(正確にはGoZツール)のバグです。これはZbrushをユーザーが操作した場合には起こりえない事象であり、通常、ユーザーデータはツールNo.48以降になるようになっています。当ツールはユーザーデータであるNo.48から並べ直すように設計されているため、もしそのようなイレギュラーなツールを表示させるためには「ActiveToTop」ボタンをご活用下さい。(あるいは名前を付けて保存後にZbrushを再起動することでユーザーデータは正しくNo.48以降のナンバーが再割り当てされます。) なおGoBをアシストする「GoBアシストツール」を利用すればその問題は発生しませんので、GoBアシストツールの利用をお勧めしています。 https://yamato-tsukasa.booth.pm/items/2078171 開発環境:Zbrush 2019.1.2→2020.1.1、Windows10 Pro (Mac版Zbrushでも正常動作することがユーザー様からのご報告で確認済みです。) アップデートはZbrush2020以降にて行います。それ以前のバージョンでの動作は検証していません。Zbrush20191.2以降にアップデートしてお使い下さい。 ******************************************************************************* バージョンアップ版はBOOTHの購入済みページより無料でDL可能です。例えばVer.1 系の最新のアップデートファイルは購入済みページから無料でDLできます。大幅な機能変更があった場合には別の扱いで公開します。 シンプルな機能をシンプルな使い心地で強力に使う。シンプルな機能に絞って小さな寄付金額でのご提供。シンプルなので頻繁なアップデートは基本的にしません。作者が気に入った機能を入れたときくらいです。