ZbrushとBlenderを連携させるZbrush用プラグイン「GoBアシストツール」

ZbrushとBlenderを連携させるZbrush用プラグイン「GoBアシストツール」

  • Digital
    2,500 JPY

ZbrushからBlenderへ2クリックでサブツールを送り、Blender上でメッシュを自由に加工できます。リトポフローなどの優秀なトポロジ編集機能をBlenderで使ってから「ワンクリックで」Zbrushの元の位置に戻せます。 加工後にBlenderからワンクリックでZbrushに戻します。一括転送も可能。Zbrush側のサブツール名、並び順、ポリペイント(頂点カラー)、サブディビジョン情報、履歴を保ったままメッシュだけを入れ替えます。 動作を分かり易く説明した動画が以下にございますのでまずはこちらをご覧下さい。2分で分かる動画です。 https://www.yamato-tsukasa.com/entry/gob-assistant-manual (※ポリグループについては純正GoBアドオンのバグにより仕様上の制限がございます。トラブルシュートをご覧下さい。) ******************** 効率重視の「プロ志向」ツールです ******************** 当ツールは「プロ志向」です。「手間暇を惜しまないセミプロ・アマチュア」であれば純正GoBアドオンを駆使して「何とか」できます。ですが、当プラグインがプロ志向という理由は、それを「現状で可能な限り“最短の手順で実現させられる”」からです。特に複数オブジェクトの扱いについては純正GoBアドオンでは、オブジェクト数に比例して手間がかかります。耐えがたい苦痛です。 まずはGoB純正アドオンを試して頂き、その後に改めて当プラグインの各種デモ動画をご覧頂いた上で、当プラグインの価値をご判断下さい。 ZbrushとBlenderとを駆使するユーザーにとっては「他に代替手段がない」ほどの価値があると信じています。 上記の解説ページでは書籍レベルで丁寧に記載してありますのでボリュームがありますが、当プラグインに関する全ての情報が記載されています。 ZbrushとBlenderユーザーはぜひ当プラグインをご検討ください。 ******************************************************************************** 当プラグインはGoBプラグインをアシストするためにZbrushに操作を加えるものです。メッシュの転送動作はZbrushのGoZという機能を経由してGoBプラグインが転送動作を行っています。ですのでユーザー自身で最初にGoBプラグインをインストールし、動作可能状態にして下さい。 インストール方法や使い方、注意点などは以下のサイトをご覧下さい。 https://www.yamato-tsukasa.com/entry/gob-assistant-manual 開発環境:Zbrush 2020.1.3、Windows10 Pro アップデートはZbrush2020以降にて行います。それ以前のバージョンでの動作は検証していません。Zbrush2020.1.3以降にアップデートしてお使い下さい。 ******************************************************************************* バージョンアップ版はBOOTHの購入済みページより無料でDL可能です。例えばVer.1 系の最新のアップデートファイルは購入済みページから無料でDLできます。大幅な機能変更があった場合には別の扱いで公開します。

About shipping
Shipped from warehouse

These products are shipped from BOOTH warehouse as soon as payment is confirmed.

Shipped from home

These products are packed and shipped from the seller. "Ships within ~ days" are the estimated number of days from when payment is confirmed at BOOTH until the item is shipped.
Items shipped by Anshin-BOOTH-Pack will be delivered anonymously.

Download item

You will be able to download these products from "Purchase History" at any time after payment is confirmed.

Shipped from pixivFACTORY

These products are manufactured and shipped by pixivFACTORY as soon as payment is confirmed.

ZbrushからBlenderへ2クリックでサブツールを送り、Blender上でメッシュを自由に加工できます。リトポフローなどの優秀なトポロジ編集機能をBlenderで使ってから「ワンクリックで」Zbrushの元の位置に戻せます。 加工後にBlenderからワンクリックでZbrushに戻します。一括転送も可能。Zbrush側のサブツール名、並び順、ポリペイント(頂点カラー)、サブディビジョン情報、履歴を保ったままメッシュだけを入れ替えます。 動作を分かり易く説明した動画が以下にございますのでまずはこちらをご覧下さい。2分で分かる動画です。 https://www.yamato-tsukasa.com/entry/gob-assistant-manual (※ポリグループについては純正GoBアドオンのバグにより仕様上の制限がございます。トラブルシュートをご覧下さい。) ******************** 効率重視の「プロ志向」ツールです ******************** 当ツールは「プロ志向」です。「手間暇を惜しまないセミプロ・アマチュア」であれば純正GoBアドオンを駆使して「何とか」できます。ですが、当プラグインがプロ志向という理由は、それを「現状で可能な限り“最短の手順で実現させられる”」からです。特に複数オブジェクトの扱いについては純正GoBアドオンでは、オブジェクト数に比例して手間がかかります。耐えがたい苦痛です。 まずはGoB純正アドオンを試して頂き、その後に改めて当プラグインの各種デモ動画をご覧頂いた上で、当プラグインの価値をご判断下さい。 ZbrushとBlenderとを駆使するユーザーにとっては「他に代替手段がない」ほどの価値があると信じています。 上記の解説ページでは書籍レベルで丁寧に記載してありますのでボリュームがありますが、当プラグインに関する全ての情報が記載されています。 ZbrushとBlenderユーザーはぜひ当プラグインをご検討ください。 ******************************************************************************** 当プラグインはGoBプラグインをアシストするためにZbrushに操作を加えるものです。メッシュの転送動作はZbrushのGoZという機能を経由してGoBプラグインが転送動作を行っています。ですのでユーザー自身で最初にGoBプラグインをインストールし、動作可能状態にして下さい。 インストール方法や使い方、注意点などは以下のサイトをご覧下さい。 https://www.yamato-tsukasa.com/entry/gob-assistant-manual 開発環境:Zbrush 2020.1.3、Windows10 Pro アップデートはZbrush2020以降にて行います。それ以前のバージョンでの動作は検証していません。Zbrush2020.1.3以降にアップデートしてお使い下さい。 ******************************************************************************* バージョンアップ版はBOOTHの購入済みページより無料でDL可能です。例えばVer.1 系の最新のアップデートファイルは購入済みページから無料でDLできます。大幅な機能変更があった場合には別の扱いで公開します。